近年のレーシック

テレビに出演している芸能人やスポーツ選手など、多くの著名人が「レーシック手術をした。」と発言していますね。

近年レーシックは一般に広く広まり、多くの方が手術を受けやすい環境が整えられ、日本でもかなり普及した感があります。しかし、未だにネットなどで見かけるのが「レーシックは怖い」「失敗すると失明する」というコメントです。
では、レーシックって本当に怖いものなのでしょうか?

レーシック手術は、全米では年間100万件以上の手術が行われており、日本でも年間40万件以上の方がレーシックで視力を回復しています。
ほとんどの患者さんが、レーシックを受けて成功していますが、いわゆる「レーシックの失敗」とは、決して失明したわけではなく、「視力が上がらなかった。」「希望した見え方ではなかった。」というケースがほとんどです。

近年のレーシック手術は精度が更に高まっており、手術法の主流のイントラレーシックや、そのほか様々なレーシック手術が行われています。

確かにレーシックが開発され始めた20年程前には失敗例もあったレーシックですが、現在ではコンピューターを用いて角膜の形の細部までしっかり測定が出来ますし、安全性も高まっており、不安はかなり無くなったといえるでしょう。

レーシックの失敗とは

今では多くの方が気軽に受けることが出来るようになった、視力回復のレーシック手術。
手術設備や技術の精度も上がり、ほとんどの方が裸眼視力を取り戻しておりますが、やはり受ける側としては気になるのが失敗例。

レーシック手術と失敗とは一体どのようなことがあるのでしょうか?

まず、レーシックは合併症、感染症のリスクがあります。数年前はずさんな医院経営により大量の感染症患者を出したクリニックも実際にありました。しかし、まっとうな医院では感染症は発生していないというのが現実です。

また、軽症の例をいくつか紹介しましょう。

一つは不正乱視です。フラップのしわやズレの為に不規則な乱視が発生します。多くの医院が、アフターケアを充実させていますので、は再手術によりすぐに正常に戻すことが出来ます。

もう一つはフラップ下の炎症。手術後にフラップ下に炎症を起こすことがあります。原因はまだ判明しておりませんが、治療することにより回復します。

レーシック手術は怖いと言うイメージが未だに残ってはおりますが、失敗例の中でも失明したというのは日本ではまだ例がありません。

要は自分の眼に対する希望が医師やクリニックにちゃんと伝わっておらず、意思の疎通がなっていない場合、「自分が思っていた見え方や生活と違う。」というのが、いわゆる「レーシックでの失敗」に当たるということでしょう。

レーシックで悩んでいる方は、まず、クリニックで検査を受け、実際に相談してみると良いでしょう。
レーシック医院での相談のポイントはレーシック?視力回復手術の体験談が参考になります。

このページの先頭へ