イントラレーシック

レーシック手術は以前に比べて安価になり、日本でも数多くのクリニックで手術を受けることが出来るようになりました。

一言でレーシック手術と言っても数種類あります。
ここでは最もスタンダードともいえる「イントラレーシック」について紹介しましょう。

イントラレーシックは、イントラレースFSレーザーを使ってフラップを作成します。
コンピューターによって制御された状態でレーザーが照射されるため、間違いが無く安全に手術を行うことが出来ます。

従来のマイクロケラトームという機械を使っていたレーシックとは違い、手術ミスがほぼ無くなりました。

しかし、一点だけデメリットもあります。
ハログレア現象と言う夜や暗い場所で光を見ると、ぼやけたり眩しく感じる一種の合併症になる確率が高く、手術後に少し注意が必要です。

価格が抑えめになったことでレーシックの普及が一気に広がったキッカケの手術法とも言えるイントラレーシック。安く手術を行いたいという方にはオススメです。



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ホーム | アイレーシック »

このページの先頭へ