レーシックの流れ

レーシックの手術を受けると近視を治療することができます。

レーシックの方法は下記のような流れになります。

1.点眼麻酔を行って、眼のまわりの皮膚を消毒し、顔に覆いをかけて、開瞼器と呼ばれる器具で眼を開けます。

2.エキシマレーザーを照射した後、角膜にマークをつけ、正しい位置にフラップを戻せるようにします。

3.サクションリングで吸引して、眼球を固定し、しっかり固定した後、角膜のフラップ(蓋)を機械で作製します。

4.フラップを起こして、角膜実質層を露出し、角膜実質層に、約20~50秒間エキシマレーザーを照射します。

5.フラップを元の位置に戻し、3分ほど乾かし密着させ、確認して終了です。

、片眼でおよそ15分ほどで終了します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

« アイレーシック | ホーム

このページの先頭へ